« 鯉の産卵 | トップページ | 遠征のために »

2007年5月 3日 (木)

サスペンドチューン

今日は5/3ということで、GWも後半にさしかかって参りました。
人が多そうだなぁ と思いつつ、今日も近場の多摩川へと行って参りました。
ε=ε=ε=ε=ε=(o゚ー゚)o

070503_01

 

鯉の産卵時期ということで、今日もやっていないかと期待をしつつ、川っぺりをあるいていると、人が多くて釣りする場所が・・・

と言う訳で、観察がてらにうろつき回ってみるものの・・・

 

いまいち・・・
(;・へ・)ゝ”

 

時間が早かったせいか、この間のような激しい鯉をみることはなく・・・

仕方がないので、鯉の回遊ルートに居座ることに・・・

 

でも、鯉が思っていたルートに来てくれないので、ここ最近買ったサスペンドルアーのチューニングを行うことにしました。
とりあえず、フックをリアにシングルフック1本だけをセットした状態なので、フロントフックの重さがなくなっているせいもあり、フローティングルアー状態に・・・

ということで、シンカーをルアーにかませよう!!
ということで、とりあえず、かみつぶしをフロントフックのヒートンにセットしてみました。

いまいち調整が難しい・・・

ということで、バッグをあさくってみると良いものを発見!!

 

パラパパッパラ~!!
糸オモリ
(ドラ○もん風でお願いします・・・)

 

で、これをルアーにセットしてみました。

070503_02_1

こんな感じです。
これが何ともすばらしいです・・・
d(´▽`)b

 

なかなかの良策でした。

という訳で、鯉が通るルートにこのルアーを放置してみました。

 

しかとですか・・・

 

で、このまま釣りを続けてはみたものの、反応はいまいち・・・

せっかくのGWなのに、何だかなぁ・・・
もうそろそろ、魚を釣りたいなぁ・・・

 
 

070503_03

釣りをしてたら寄ってきた猫です。
気がつくとどっかへ行ってしまいました。
何してほしかったのか・・・

 

天候:晴れ時々くもり
水温:21℃
水質:クリア
水量:普通

|

« 鯉の産卵 | トップページ | 遠征のために »

2007」カテゴリの記事

多摩川」カテゴリの記事

コメント

元祖さん、エンジンがかかってきましたね!
鯉ってルアーで狙うのは難しいですね、
私も毎年ルアーで鯉がかかるのですが、今年は口ではなくスレ掛かりばかりで残念です。毎年パターンが変わるのでしょうか?
ネットで見ていると、このHPの方が改造ルアーで結構釣られているようですが。
http://naha.cool.ne.jp/naoshi/turi2002/turi21.htm
http://naha.cool.ne.jp/naoshi/turi2002/turi22.htm
多摩川でも同じメソッドではたして来るのか解りませんが、今度試して見ようかと思います。
また別の方の話では、中野島の三沢川流れ込みでミノーで入れ食いだったとか---------。多摩川の鯉、良く解らんです。
元祖さん、多摩川鯉の必釣パターンを是非確立して下さい。

所で、昨日は昼なまず狙いで出撃しましたが、前にお会いした所で凄かったです。hiroさんの所にコメント入れさせて頂きましたが、5月一杯まで狙えると思います。

投稿: マルタウグイ | 2007年5月 5日 (土) 07時42分

>マルタウグイさん
 
こんにちは。
残念ながら、今年はまだマルタが釣れてませんが、見つけたら狙っていこうかと思っています。
 
 
で、今まで多摩川で鯉をルアーでねらってきた体験談(↓)です。
それほど実績は出せてませんし、場所もあると思いますが、ご参考までに。
 
 
多摩川の鯉は、鯉釣り人口が多いせいか、かなりスレていると思います。
人影や釣り竿を見つけるとあっという間に逃げていくので、川っぺりでは座って釣りすることをお勧めします。
多摩川の鯉はフックを見つけるとあっという間に逃げていくので、できるだけ小さい方が良いと思います。
ポッパーに食いつくことがあると聞くので、フェザー等で隠すのも効果的かもしれません。
 
ルアーですが春先以外は、ミノーのようなリップ付きのプラグはお勧めできません。
場所にもよるかもしれませんが、リップ付きルアーのウォブリングの振動を感じると逃げて行くことが多いと思います。
教えていただいたサイトのチューニングでリップを外しているのはそのためだと思います。
シンキングペンシルの小さめのものや、スプーンのトゥイッチ等で実績があります。
ですが、不思議と春先だけはウォブリングするルアーが効く気がします。
 
色はオレンジ系、白系、シルバー系が効くと思っています。
多摩川ではオレンジ、相模川ではホワイト&チャートが強かったです。
若干の色の違いで、食いが全然違うこともあります。
 
水中にサスペンドしているものは、無造作に食いつくことがあります。
あと、リアクションが通用すると思います。
上から落ちてきたものに食いつくことは多々ありますので、シンキングルアーをリフト&フォールさせるのも良いかもしれません。
 
今の時期は、産卵のせいかは分かりませんが、何故かルアーに食いついて来ることが多いらしいです。
ですが、6月以降は鮎の転がし釣りでかなりの鯉が引っかけられるせいで、ライン、ロッド、人の気配を見つけるとすぐに逃げます。
特にラインは、川の色に近い視認性が悪いものが良いです。
 
 
こんな感じかと思っています。
いかがでしょうか?
(^^ゞ

投稿: 元祖 | 2007年5月 6日 (日) 12時35分

早速のコメント有難う御座います。良く研究されていると、感心致しました。
ほんとに人影には敏感ですね、結構浅場に魚が居るので長めのロッドで出来るだけ遠投するようにしています。あの産卵に熱中しているマルタも人影を見せると途端にスレが増えてしまいます。
先日もしゃがんで見ていると目の前を鯉・マルタ・鮒・ナマズが順に泳いでいきました。(立ち上がるとあっという間に視界から消えてしまいましたが。)
リップ付きルアーの振動がいけないのではとの事、早速過去の記録を見て見ると確かに春先のマルタ釣りでは、ミノーを使って釣った鯉の写真が殆どですが、夏場にニゴイ狙いで釣った時の鯉の写真はスプーンが殆どでした。後は殆どスピナーでロスタ-テールの様にフックにウイングが付いた物を、超スローリトリーブした時に大物が掛かった記憶が有ります。(この時は目の前でロッドを折られました)
シンキングペンシルは持っていないので、今度入手して試して見たいと思います。それではまた。


投稿: マルタウグイ | 2007年5月 6日 (日) 20時01分

>マルタウグイさん
 
こんにちわ。
 
岸壁から1歩下がって座って釣りをすると、案外魚には気配を感づかれないことを知ってから、私は大抵座って釣りをするようになりました。
魚に気づかれず観察ができるので、結構楽しいです。
  
で、夏場の話ですが、座っていろいろな種類や色のルアーを鯉に投げてみると、結構楽しめました。
リップ付きのルアーは、鯉の頭上1mぐらいを通過しても逃げられます。
何を投げてもだめでした。
リップなしだと、目の前を通過しても逃げなかったので、そう思っていました。
 
でも、リップ付きのルアーに鯉がかかったことはあり・・・
だけど、リップ付きのルアーでは、春先には通用したと思ったもので。
 
ちなみにですが、シンキングペンシルは、スプーンに似ていますが、もっとアピールが弱いような感じがします。
スプーンと比べ、値段が高いのがネックです。
シーバスルアーは、丁寧に作られているものが多いのですが、結構なお値段が・・・
もう少し安いと嬉しいのですが。
 
それでわ。

投稿: 元祖 | 2007年5月 7日 (月) 23時42分

こんにちは、多摩川のそばに越してきたので、様子はどうかと思い
拝見しております。マルタも釣れない程スレてるようで、ビックリ
しました。都会の川は難しそうですね

投稿: 二子多摩川 | 2007年5月 8日 (火) 08時55分

>二子多摩川さん
 
はじめまして。
私は今年釣れていませんが、マルタは釣れているとの情報を得ています。
ただ、いかんせん、都会ですので釣り人口(とういか、密度)が多いので、釣られている割合は多いと思います。
そのため、多少釣りにくいかもしれませんが、釣り方はおそらく基本的に同じと思います。
私は、釣れない釣りが好きなので参考にならないかもしれませんが、釣る課程を研究できるので、都会の川も結構楽しめます。
 
ちなみにですが、6月を過ぎると鮎釣り師が激増するので、もっと厳しくなるかと思います。
宿河原の堰よりも上流では鮎を釣るのは難しいので、鮎釣り師がいません。
ちなみに、二子玉川辺りは、釣り激戦区だと思っています。
小物じゃなければ、数釣りは難しいかもしれません。
 
変な回答になったかもしれません、すみません。

投稿: 元祖 | 2007年5月 8日 (火) 23時08分

元祖さん、今晩は。
私は、これからのシーズンはデイゲームのシーバスもやりますが、確かにシーバス用として売られているプラグ類は、高価な物が多くて手が出ません。もっぱら1000円以下のミノーとバイブレーションの中から、アクションの良いものを捜して使うようにしています。場所と時間が当たれば十分釣れますし、逆に高いルアーならば何時でも何処でも釣れるなんて事も無いわけですし。どうも釣具メーカーの陰謀を感じます、コレクションとしては楽しいですが。
私も、釣れない魚を工夫して釣るのが、やはり面白いと思います。

二子多摩川さん、私はマルタのシーズン初期から大方最後まで釣りをしています。せっかく多摩川の近くに越してこられたのですから、来年のシーズンは自転車に乗って双眼鏡を片手にマルタの瀬付きを捜してください。人が多く集まる所では、元祖さんのコメントの通りで魚が警戒してしまい、産卵に夢中なはずなのにスレが増えます。これは楽しくありませんので、是非取って置きのマイポイントを捜して下さい。ルアーは安いブレットン3gの金・銀で十分です。3月中~4月中が最も狙いやすく、初期と後期は難しくなります。今、最後の時期なので、ルアーを直に見切りますので数匹釣ると追わなくなりますが、スピナー⇒ミノー⇒スプーンの様にローテーションするとまた来たりします。
ただ今淵に群がっているマルタをコンスタントに釣るのは難しいので、逆に彼らを振り向かせる方が面白いかもしれません。
是非、多摩川のマルタを楽しんで下さい。


投稿: マルタウグイ | 2007年5月10日 (木) 21時08分

>マルタウグイさん
 
こんばんわ。
 
暑い時期は鯉が元気になるので、今年は鯉のルアー釣りを楽しみたかったのですが、どうも上流で護岸工事をあちこちでしているようで、いくらか環境も変わってきているので、下流で釣りをしようかと悩んでいたところです。
 
この間自転車を買った理由の一つでもあるのですが、実は時期も時期ですし、ちょっと遠いですがそのうち小杉辺りにシーバスをねらいにでも行こうかと考えていました。
今後は、釣れないシーバス釣りの報告が増えるかもしれません。
できれば、安いルアーで、かつ、シーバスルアー以外のルアーで釣りたいと考えていたりするのですが・・・
 
とりあえずは、多摩川のシーバス観察をしようと思いつつ・・・
 
それでわ。

投稿: 元祖 | 2007年5月10日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯉の産卵 | トップページ | 遠征のために »